犬のしつけは、飼い主の言う事を聞くようにすること!

2019/12/24 ブログ
トイプードルとシェパード

「愛犬をしつけに出してもトレーナーの言う事しか聞かない」という話を良く耳にすると思います。

原因はいくつかあります。

①トレーナーから引継ぎを成されていない。

②飼い主が愛犬に対してのトレーニングが足りていない。

③やり方が間違っている   などなど

様々な原因が考えられます。

そもそも、何故トレーナーの言う事を良く聞くのかというと、トレーニングを行う際「甘え」からではなく「メリハリ」から入っているからです。

犬は賢い生き物なので、人によって態度を使い分ける事は稀ではありません。

その事を考えると、飼い主はトレーナー以上にトレーニングを積み重ね、愛犬の中にある飼い主に対しての「勘違い」を取り除かなければならないのです。

 

愛犬にトレーニングをバッチリ入れても、飼い主が扱えなければ、宝の持ち腐れになりかねません。

飼い主もレッスンを通じて、愛犬の扱い方を勉強しておきましょう!